リアルトレードだったら、130万円の損切り

俺がこの「FX・一人だけの勉強会」サイトで、自ら試している事は、
あくまでも、デモトレードでのお遊び。いわば、練習にすぎない。

でも、俺は知っているのです。(偉そうだけどね)
デモトレードでなんかでは、絶対に学べない、絶対に身に付かない相場の経験、というものがある事を。

FXでも、株式でも、商品でも、全てのトレードで、本当に身に付く経験って、リアルな、自分の身銭をかけたトレードでからしか、知りえない事を。(なんちゃってね)

ユーロ/ドル で、結局の所、130万円の損切り(ロスカット)をしてみた。多分、ポジショントレードという立ち位置を余裕で死守して、数週間から数ヵ月程、辛抱強く待つチカラと資金力があれば、だいたいの場合は、損切なんてしなくて済む、と思う。

でもさ・・・ 特にFXにおいては、数千万円、数億円の証拠金を入れてなければ、数10Lot単位でのトレードで、安心してのポジショントレードなんて無理でしょ。結局、この世界は、資金を潤沢に持っている人や組織が勝つ世界だし。

だから1・・・
数10万円、数100万円レベルでの証拠金を入れて、大金を手に入れようとすれば、よっぽどの博才やら、飛びぬけた相場観が無ければ、絶対に無理だということです。

だから2・・・
FXの市場に参入する、個人投資家の9割が自滅するという現実は、本当だと思う。では、個人投資家が勝ち続けるには、どうすればいいのか? 機関投資筋やファンダメンタルの動向に気を配り、彼らの動きに、チョウチンを付けるしかないのか?

その答えを、探し求める感じです^^

人の行く裏に道あり花の山 とは良く言ったものだと

投資の格言といえば「人の行く裏に道あり花の山」。
この言葉、良く言ったものだと、数10年ぶりに改めて思ったりもする。

株式の場合は、天井知らず、の場面がよく出現する。
でも、FXの場合は、なんせ為替なので、天井は近くに必ずある、と思っていたが・・・(だって、為替が大きく飛んでしまったら、国家間の問題でしょ)

2日前から追っていた、ユーロ/ドルが、まさに天井知らず?
スイングやポジショントレードなら、まあまあ、天井限界妄想を視野に入れてもいいのかもしれないけれど、潤沢の証拠金が乏しいがゆえの、スキャルピングやデイトレードでは、やっぱり、瞬時のロスカットの判断は、必須なのですね~。
今回は、つくづくそう思い知った。

現実に、相場の上下を決めているのは、個人投資家なんかではなく、機関投資家筋だ。彼らの手腕は、チャートを見ていれば分かる気がする。チャートに全てが反映されているし。

とは言っても、機関投資家筋の裏をかく?って、どうなんだろう。今の機関投資家筋の手合いも、ほとんどはAIトレードなんだろうけど。でも、そのAIトレードのロジック・プログラムを組む原資となっているのは、数人の天才トレーダーの頭の中の判断思考。

プログラマーは、天才トレーダーの思考を、スクリプトで書いている筈。天才とはいえ、結局は、人間の思考な訳で。人間の思考だから、欲の塊なスクリプトな筈だと思っていたのだが。なんか、ちょっと違う気がしてきた。

しかし、デモ口座でのトレードって、実戦とは全然違うので、練習にはならないかな~、とも思っていたが。(FXに限らず、仕事でもなんでも、実戦でしか得られないものがあるのは、感じているが)

今回のデモ口座での取引は、かなりの経験になった気がする。問題は、FXに限らず、思惑が外れた時の対処の仕方だよな~。どちらに転んでも良いように絶えず準備するって、やっぱり一番難しいのよね。

相場の天才

大昔、40年前位か、まさしく相場の天才と言ってもいい奴に会った事がある。50人位でグループを作って、毎月の末日のドル/円を予想して、一番近く予想した奴に、50人が一人1000円を出し合って、5万円を賞金にする。

年12カ月の内、10回位は、そいつが当ててた。例えば、1ドルが120円60銭だとすると、そいつは、数銭の差で、いつも当てる。こういう、相場の才能があるヤツっているのよね~。今、彼はどうしているのだろうか。

上位足のトレンドはやっぱり大事だな

スキャルピングやデイトレード思考だと、ついつい1分足だけに、脳が束縛されてしまう。
でも、上位足(1時間とか1日)のトレンドはやっぱり大事だと悟る。ついつい俯瞰して大きなトレンドを見ないで、目先のトレードをしてしまうと、案の定、ドツボにはまります。10数年前と同じ。なんの教訓も得てないし。

今回は、上位足のトレンドの確認を怠った。ストキャスティクスの山と谷だけのカンでエントリーしてしまい。今、エライ事になっている。

ユーロ/ドルが、数日間揉み合っていたので、気軽にストキャスティクスの山で、売りのエントリーをかけた。考えてみたら、MT4上のデフォルトで表示される時間って、NYでのGMTなのよね。日本時間表示に変えたほうがいいかも。

※日本時間表示に変える方法
インディケーターのダウンロードが必要みたい
https://kaigaifx-torisetsu.com/mt4_mt5_tokyo_time/

6時間足すとJST。しかも、夏時間の夜のJST10時って、NY市場が開く時間じゃないか? いきなり、ユーロ/ドルが活発に上昇して、あれよあれよと2時間後には、89pipsも上昇してしまった。

まあ所詮、デモ口座なんで、痛くもないのだが、これがリアルだったらヤバいでしょ。つか、とっくに閉じてる。Lotにもよるけど。
ロスカットの練習になるかな?とも思ったが、仮にこれが、スイングトレード気分だった場合、1日や2日持ってても、不思議ではない。

だったら、いっそのこと、24時間持ってみて、今日のNY市場のオープン時に、どうなるか体験したくなった。あと少しで、JST夜の10時だ。今の時点で、130pipsも上昇中。笑う。

ここらで、反転するような気がするんだが。途中、100pips辺りで、ナンピン入れてみたが、どうなる事やら。しかし、デモ口座だから出来る事だわ。

FX専用のVPSサーバーを借りてみた

事務所にいる時の大半は、WindowsPC を使用している。でも、外出には MacBookPro を、リュックに入れて連れて行く。なんか、持ち歩くにはMacが好きだから。

ただ、MacでMT4を使うにはかなり無理がある。国内のFX会社で、Mac用のMT4を提供している所を探すも、現実にはEAは使えないし、売買注文もMT4から直接出来ないし。ましてや、Boot Camp や Wine や VMware等で、Macの一部の領域にWindowsをインストールするなんて、アホ臭くて、面倒だし。

そこで、クラウドで提供される、FX専用のVPS仕様のサーバーを借りてみた。これが、思っていた以上に素晴らしかった。速いし、安い。

実際に、マイクロソフト・リモート・ディスクトップ(Microsoft Remote Desktop)をダウンロードして、MacBookPro と iPhone からアクセスしてみたところ、実に簡単に、MacBookPro と iPhone から、クラウド上のMT4を、完璧に操作できる。この環境は素晴らしい。

試しに、クラウド・サーバー上のMT4に、「もってぃー氏のインジケーター」をインストールしてみた。全くもって違和感なく、WindowsPCと同じように、MacBookProでも使えてしまう。凄いな~、と思う。

FXってやっぱり単純作業だよな~

10年振りに、FXの研究を始めて数週間が経つ。
今回、改めて思ったけど、FXの世界って(まあ、株式も同じだけど)10年経っても、全く同じ事が行われていた。永遠と同じ事を繰り返している世界というか。

特にFXは、株式でいう所の銘柄である通貨ペアって、せいぜい10ペア種位じゃないですか。あまりにも小国の通貨の取引なんて、危ないし約定力無いしで、皆さんやらないし。

まあ、ドル/円やユーロ/円、博打好きのポンド/円やポンド/ドル・・・ こんな所な訳で。あとは、1日の内の数時間だけ、MT4等のチャートにへばりついて、自分で決めた取引ルールを、インジケータに表示して、淡々とこなしていくだけ。

いくらお金をかけているとは言え、FXトレードって、人生の楽しみ?を得る作業には、程遠いように思えてなりません。FXトレード作業を、お金を得る手段として割り切って、得たお金で、行動の自由を得る? みたいな大儀な名分を自分の中で構築するしか無いのかな~、とも感じます。

MACDを損切りの判断に使う?

ローソク足とSMA(単純移動平均線)とストキャスティクスを
エントリーや利確の判断材料に使う、のは、まあ分るが。

MACDを損切りの判断に使う、というのはどおか?
根拠として、イマイチ説得力が無いのかな~。もう少し研究してみよう。

MACDの損切りの判断としては・・・
・売買の損切り  直近(直前)の山を超えたら、谷を下げたら
・MACDに頼らず、ローソクの直近の山や谷も意識する

そもそも、MACDとは・・・・移動平均収束拡散手法
https://www.jibunbank.co.jp/products/foreign_deposit/chart/help/macd/

ストキャスティクスと、ローソクだけでトレード?

ストキャスティクスと、ローソクだけでトレード出来ないだろうか? と、色々と検証してみた。

まずは・・・
USDJPY 1分足で検証 JST 2020/07/03/18/00~2020/07/04/06/00 の12時間を検証
ストキャスティクス 14 3 3
※買い 20%以下に落ちた時 9勝/23回
※売り 80%以上に上げた時 7勝/15回
ストキャスティクス 25 15 15
※買い 20%以下に落ちた時 3勝/7回
※売り 80%以上に上げた時 2勝/4回

そもそも、ストキャスティクスとは何ぞや?
https://money-campus.net/archives/4665
RSIと似ている?
一定期間の一番高かった値段と安かった値段の値幅に対して、
現在の株価が、どのくらいの位置いるのかということを数値化
%K は短期 9日が一般的
%D は中期 合計は3日が一般的
Slow%D は長期

う~ん、これだけだと、まだイマイチ感があるな。

ストキャスティクスとは関係ないが・・・
FXの取引時間って。
https://www.forex.com/jp/forex-lab/themes/fx-basics/when-can-i-trade-forex/
月曜の午前7時~土曜の午前7時
アメリカが夏時間の時 月曜日午前6時から土曜日午前6時
みたいだ。